So-net無料ブログ作成

1ピースロッド受難の時代へ [その他]

現在自分が所有しているバスロッドは全て1ピースロッドです。
以前はマルチピースや2ピースロッドも使っていたことはあります。でも今現在や今後、1ピース以外のバスロッドを使いたいとは微塵も思わない。

170503-2.jpg

確かに、2ピースロッドも良くはなっている。でも2ピースロッドが進化した分は1ピースロッドも進化しているのだから、性能面で2ピースロッドが1ピースロッドを超えることは決してない。

が、今後の1ピースロッドの販売情勢は色々な意味で厳しくなる。その要因は、以前にも話題に挙げたことがあるのですが、ズバリ「送料」なのです。

通販の拡大によって運送業従事者の労働条件が過酷となり、その改善に伴い運送業各社が配送内容の見直しを進めているのは皆さんご存知のことと思います。そんな中でモロにそのあおりを受けてしまったのが1ピースロッドです。

まず、ヤマト運輸では10月1日以降、170cmを超える長尺物は受けてもらえなくなった。事実上、1ピースロッドはヤマト運輸では送れなくなった。法人でも同じです。

そして佐川急便は11月25日に値上げを実施します。7ftのロッドを東京~大阪へ送るとその送料は¥7,150にもなる。勿論メーカーや大手販売店などでは法人契約をしているでしょうからそれより多少は安い、とはいっても充分高いです。
  • メーカーが問屋に商品を発送する。
  • 問屋が販売店に商品を発送する。
  • 販売店が通販でお客さんに商品を発送する。
  • お客さんが修理依頼を申し込む。販売店がメーカーに商品を発送する。
  • 修理が完了する。メーカーが販売店に商品を発送する。

商品を送るたび送料が発生する。それを誰が負担するのか。
メーカーが負担する?そうなると商品を大幅に値上げせざるを得ない。
販売店が負担する?利益を生むどころか赤字になる。
お客さんが負担する?通販ではロッドを買わなくなる。修理代が高額になって断念せざるを得なくなる。

今はまだメーカー各社も様子見といったところが多い気がしますが、そのままでいられる状況はそう長く続かない。それくらい送料によるダメージは軽視できないはずです。今後は色々な部分で影響が避けられなくなってくるでしょう。メーカーによっては1ピースロッドの販売を止めるところが出て来てもおかしくない。

で、ゴルフとスキーは運送業から優遇されているんですよね。東京から大阪に荷物を送っても¥2,000でお釣りが来る。どうしてゴルフとスキーが優遇されていて釣りは駄目なんでしょう?というか、そもそも釣り業界自体が運送業に対して便宜を図ってもらえるように打診したことってあるんだろうか?多分ないと思います。

駄目元でもいいから、個々ではなく業界として運送業者と折衝するべきではないんだろうか。そう思って、某工業会に提案を出してみたんですけど、難しいかなぁ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

こんばんは。

単純に、破損が多くて運びたくないのでは?
違いますかねぇ???
少なくとも、ゴルフクラブ、スキー板よりは破損クレームは多いのではないでしょうか?
by こんばんは。 (2017-10-25 18:16) 

IKE-P

一番の理由は、マイナーすぎて認識されていないのだと思います。釣り竿全体の中で、1ピースってさらにその1部でしかありませんから。
by IKE-P (2017-10-25 23:24) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。