So-net無料ブログ作成

ソルトステージVol.10 [その他]

8月の半ばに取材を行った岩手県陸前高田市広田湾のボートロックフィッシュゲーム。この時の模様が9月25日発売 ソルトステージVol.10(釣り東北社)にて掲載されています。

170924-1.jpg

東北地方以外ではなかなか見ない本ですが、宜しければ是非!!

この取材日は根魚大将で色々な魚が釣れました。取材の仕事とはいえメチャクチャ楽しかったです。今度はプライベートで行きたいなぁ・・・

170812-6.jpg

根魚大将のプロモーションも兼ねての取材だったわけですが、本来ならフィールドテスターの人に登場していただきたいところ、この時点では該当者がいなかったため止むを得ず自分が出撃。

とはいえ自分は埼玉県民。頻繁に東北で釣りをしているわけではない。時期的にもショアから狙うには厳しく、自分一人ではどうしようもなかったです。取材に際しては現地のアングラーの方々には本当に助けていただきました。Nさん、Fさん、Yさん、千田さんにはただただ感謝の言葉しかありません。

一般的にロックフィッシュの釣りというと、ヘビーウェイトシンカーにフロロの太糸を使った豪快な釣りというイメージがあるかもしれません。もちろんボートや磯での釣りでは今でもそのスタイルが多用されます。けれども現在ではより繊細なタックルでテクニカルに攻めるスタイルが多くなってきています。特にロックフィッシュトーナメントに参戦しているような人達の間では釣り方自体がかなり細分化されてきている。

ワームを使ったテクニカルな釣りとなれば、自分もそれなりの自信はあります。自分が普段行っているバス釣りの感覚に近いわけですから。でも、どうしても現地のアングラーには釣り負けます。まるで歯が立たない。やっぱりロックフィッシュをひたすら釣ってきたという経験値、日常的にロックフィッシュを釣っているという慣れの部分には敵わないんだなぁと痛感します。

なので、自分自身がロックフィッシュ関係の記事に出るのは今回で止めにして、次からは新たにフィールドテスターとなったYさんに押し付けよう(笑)と思っています。

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。