So-net無料ブログ作成

7月上旬 根魚大将で狙う若狭湾のアコウ釣り [釣果報告]

先日紹介した、Oさんによる若狭湾のキジハタ釣果。何でも、社員旅行で滋賀県に出向いた際に、滋賀県在住のMさんに車で連れ出してもらっての釣行だったそうです。

なるほどねぇ~。自分も社員旅行の際には近隣のフィールドテスターさんにお願いしてみようかな?!

それはさておき、Oさんを連れ出した側でもあるMさんからも釣果報告が届きましたのでどうぞ。

7月上旬のとある日、知人のO氏が社員旅行で滋賀までお越しになり、さらに驚いたことに夜の宴会が終わってから若狭湾まで釣りに行きたいから同行願いたいとのこと。

それではと、私も彼の誘いに乗って若狭湾まで同行することになりました。

21:00時に出発。釣り場に到着したのは23:00前後。

そこから漁港でカサゴ、そしてあわよくばアコウ(キジハタ)を釣ろうという目論見です。

釣り場の漁港は、過去に何度か登場している場所。
この時と同じポイントです。

冬~春は海藻がビッシリ生えていて、その海藻のポケットを突っ切るようにワームをボトムまで落としていく。
というやり方で釣れるのですが、今回は中途半端に海藻が生えていて(枯れたのが残っている)イマイチ、どこを狙って良いのかわからなくなりがちです。

ですので、今回は3.5gライトテキサス+根魚大将(02ピンクグロー)で比較的、テンポよく漁港内を探っていく釣りをすることにしました。

今の時期、港内で釣れるとしたら定番の壁際。そしてところどころ残っている海藻周辺。

まずはキャストして残っている海藻を探ります。

170712-1.jpg

なかなかヒットしませんが、とりあえず待望の一尾。小型ながらカサゴが釣れてくれました。

170712-2.jpg
170712-3.jpg
170712-7.jpg

その後、地合いに入ったのか、ポツポツとカサゴが釣れます。

やはり釣れる場所は、海藻が残ったところか、漁港の壁際。

170712-4.jpg

そんな中、夜中1時を過ぎたころ、待望のアコウがヒット!

170712-5.jpg

アコウの地合いだったのか、続けてもう一尾も釣れました。

その後も釣れそうだったのですが、私は車の運転があるためここで仮眠。
翌朝は知人の用事があるため、午前5時には切り上げないといけません。

そこで、午前3:30時に仮眠から起床後、朝マズメの一発をかけて根魚大将をキャスト!

170712-8.jpg

すると、この日最大の27cmのアコウがヒット!

170712-9.jpg

しかも知人には30cmオーバーのアコウもヒット!
(知人も根魚大将を使用)

まだまだ釣れそうでしたが、タイムアップとなり、これで終了となりました。

もう少し釣っていたい気持ちでいっぱいでしたが、帰路につきました。

この度も根魚大将のおかげで楽しい釣りができました。ありがとうございます!

アコウを釣るためのワームカラーは人によって全く意見が違うので苦労します(笑)。グリーンパンプキンやウォーターメロンといったナチュラル系を推す人もいれば、UVホロなども人気が高い。そもそも、アコウは夜に狙う人と昼に狙う人がいます。カサゴやクロソイだったらほぼ夜というように、大概の根魚はどちらかにはっきりと偏るものですが、アコウはどちらでもイケるようです。状況によって偏ることはあるのでしょうけど。

Mさんが報告をくれた今回の釣行はほぼナイトゲームだったようで、根魚大将のヒットカラーもグローピンク。何だかんだでナイトゲームではグロー系強しですね。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。