So-net無料ブログ作成

6/29 パフォーマンスベイトとイモグラブで攻めるリザーバー [釣果報告]

梅雨時というとバス釣りのベストシーズンであるはずなのですが、メジャーフィールドの釣果は相変わらず厳しいというのが実感です。日曜日に開催されたJB霞ヶ浦戦も参加者143人中、60人のプロ選手がノーフィッシュだったそうです。2尾以上釣った人は37人しかいなかったそうで・・・。

でも今年から産卵期のトーナメント開催が自粛されるようになりました。数年後、霞ヶ浦のバスの個体数も上向いていて欲しいと切に願います。

たまには景気のいい釣果報告を。下町の爆釣王Tさんからの釣果報告が届きました。合計83本の釣果とのことで、相変わらず物凄い釣果です。管釣りより釣れてませんか?!

2017年6月29日(木) ダム 4:00~19:00

天気:曇り・晴れ 気温:23~27℃ 水温:25℃ 風:0~2m 水位:減水 水色:スティン 潮:中潮 状況:小バスはイージー、デカバスはどこ?

 久し振りの湖ですが、アフター回復、梅雨の爆釣を期待しての釣行です。朝一はプロップベイトとl字系のルアーで怒濤の連続ヒット!激しい動きのルアーではなくナチュラルな動きのプラグが正解のようでした。

170703-1.jpg
170703-2.jpg

 しかし日が登り始めるとパタリとバイトが止まってしまったので、今が最も旬の『モッサ』1.6"&2.2"を投入です。するとまさに『モッサ』祭り!ガンガン食ってきます(笑)

170703-3.jpg
170703-4.jpg
170703-5.jpg
170703-6.jpg

 しかし減水中で岸辺のカバーはほとんどなくなってしまっており、スポットが絞れないので『テンタクローラー』の2.5gダウンショットリグをズル引くと、サイズは選べませんがバイトが止まりません!

170703-7.jpg
170703-8.jpg

 実は朝、暗いうちにスロープでライトを照らすとキラキラと光る無数の目が・・・よく見るとエビ類がたくさんうごめいていました。なので『テンタクローラー』なのです!

170703-9.jpg
170703-10.jpg

 そこで移動しながらバンク沿いを『テンタクローラー』のDSで撃ちつつ、本命はオーバーハング下で落下する虫を待ち構えているバスを『モッサ』で狙い撃つことです。そちらの方がアベレージサイズもいいようでした。

170703-11.jpg
170703-12.jpg

 するとやはり数少ないハング下に『モッサ』を浮かべると40UPも混じるんですよねぇ~!本当に今時期の『モッサ』は無敵です!

170703-13.jpg
170703-14.jpg

 しかし数はかなり釣れるものの、デカバスを狙うべく違う展開を求め伝家の宝刀『バンドゥクロー』の7gジカリグやシャローの破壊王『ベビーファットイカ』でカバーを撃つもサイズは変わりませんでした(^_^;)

170703-15.jpg
170703-16.jpg

 そのうちにスーパードシャローな沈みブッシュの中に魚が見え隠れしているのを発見しますが、なかなかの賢ちゃんで何を投げても逃げ惑ってしまいます。基本カバーなのでスピニングは使えないし・・・。

170703-17.jpg

 そこで何となく気になった『イモ50』をキャストすると、『ベビーファットイカ』はじめ様々なルアーで散々攻めまくり釣れなかったピンスポットからなんと良型ばかりが5連発しました!

170703-18.jpg
170703-19.jpg

 おそらくファットイカだと持ち味のバックスライドアクションを発揮するには数十cmの水深では浅すぎ、対してイモは着水と同時にプルプルと震えながらイレギュラーにフォール&ダートするのが有効だったのかもしれません。

170703-20.jpg
170703-21.jpg

 16lbラインを巻いたヘビータックルでシャローカバーに投げ込み、フッキングとともにカバーに絡まれないようにエクストラハイギアのリールで一気にゴリ巻き!一瞬たりとも魚に潜らせることなく一気にボート引き寄せ抜き上げるパワーゲームはやっぱり爽快ですね!

170703-22.jpg
170703-23.jpg

 という感じでオープンウォーターでは『テンタクローラー』のDS、オーバーハングでは『モッサ』、ドシャローカバーには『イモ50』でたくさん釣れたので、昼寝の後はハードベイト縛りです!・・・・・がっ、全く釣れず、今回の釣りで一番のメインに考えていたコンパクトスピナーベイトの『ビバーチェ』で1本釣れたのみでした^_^;

 『ビバーチェ』は1/3ozとは思えない位ミドルレンジのキープ力がとても優れています。それでいて巻いていても明確にブレードの回転が伝わってきます。今まで5/8ozのスピナーベイトでやっていたことが、より快適に9gの『ビバーチェ』でこなせました!これはもうミドルレンジをスピーディーに攻めたい人には絶対に試して欲しいスピナーベイトですね!

170703-24.jpg

 かなりの時間をハードベイトに費やしましたが、あまりにも釣れないので『モッサ』を投げるとすぐに40UPが・・・この1本によりまたパフォーマンスベイトに頼ることにしました^_^;

170703-25.jpg
170703-26.jpg

 そして再びダウンショットリグを投入ですσ(^_^;今度は『スパイニーアックス』の2.5gDSで1~3mのシャローを早めにズル引くとやはり連発!ルアーがはまったのか、時合いなのか、先程よりも良型の魚が多くなかなか楽しめます!

170703-27.jpg
170703-28.jpg

 最近マイブームの『テンタクローラー』などのストレート系ワームのDSですが、やはりフィーディングにはいっている魚にはめっぽう強いようです。特に何もアクションを加えなくてもズル引くだけで勝手にピリピリと震えてくれる様がナチュラルフィーダーな魚のスイッチを入れるんでしょうかね!

170703-29.jpg
170703-30.jpg

 結局今回は夕マヅメもハードベイトでの炸裂はなく、『モッサ』・『テンタクローラー』・『イモ50』・『スパイニーアックス』といった実力あるワームが大活躍した釣りとなりました!

170703-31.jpg

本日 ラージ:40up×5本・40cm以下×78本 total 83本

数は物凄く釣れていますけれど、この日はハードルアーの効果は薄い日だったようですね。ライトリグ系ソフトベイトの日だったようです。そしてイモが良かったとのこと。イモというとライトリグのイメージがありますが、イモ50と60だったらベイトタックルで扱えますのでパワーゲームもこなせます。

そして相変わらずモッサは強いですね!虫系はまさにシーズン真っ盛りという気がしているのですが、おかげさまでかなりの勢いで売れてしまいまして、現在ではチャートリュースやホワイトしかメーカー在庫に残っていません。

「えっ?!これから頼もうと思っていたのに」なんて思っているスミスのテスターの方はいないでしょうね(笑)?もう遅いです、残念。自分の手持ちも少ないので、私にセビっても出ませんので、念のため。

gill-spiny2.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。