So-net無料ブログ作成

ヴィヴィッドライブで狙う若狭湾のカサゴ釣り [釣果報告]

関東のカサゴ釣りではさほど大きなワームというのは使わないです。それだとなかなか釣れないからです。魚のサイズが小型中心であることと、プレッシャーによるものもあるでしょう。神奈川の某沖提も、メバル用のワームをカサゴ用として使う人が多い。

ヴィヴィッドライブは4インチ、全長10cmほどのシャッドテールワームです。元々はジグヘッドリグでのただ巻きでシーバスを釣るために開発したもの。ただ、ロックフィッシュやフラットフィッシュ狙いでこれを使ってくれる人ももちろんいました。ロックフィッシュに関しては、ある程度のサイズのアイナメ、ソイ、ハタ類ではもちろん問題ないと思います。

でも今回Mさんは若狭湾のカサゴ狙いでヴィヴィッドライブを使用。大きくないのかな?と思いましたが若狭湾ではそんなことはないみたいですね。

この度は若狭湾にカサゴ釣行に行ってまいりました。

本当はテトラ穴釣りをしようと考えていたのですが、目的のポイントは波が荒くとても危険な状況だったため(天気予報では穏やかな予報だったのですが)急きょ場所移動。不本意ながら内湾の奥まったシャローエリアですることに。
ここは潮通しはあまり良く無いですが、海が荒れていても、比較的穏やかなので釣りをする分には問題ありません。

そして、いつも通りの根魚大将+5gシンカーのテキサスリグをセット。
数投して海藻に絡まったため、「グイッ」と引っ張ると・・・

「ベキッ!」

なんと、バットの部分からロッドが折れてしまいました。(汗)

一気にモチベーションダウン。

当初の予定だった穴釣りを中断。
そして今度はシャローエリア用の7.8フィートのロッドも折れる。

というアクシデントに見舞われ、車に戻り、どうしたものかと考えた結果、穴釣り用に用意していたタックルでシャローエリアを攻めることにしました。

・・・というか、これしか選択肢がありませんから。(苦笑)

穴釣り用に用意していたのは、バス釣りフローター用5フィートのロッドにベイトフィネス用リールをセットしたもの。

先ほど、シャローエリアにベイトフィッシュの群れが泳いでいたので、ヴィヴィッドライブ+3.5gジグヘッドをセット。

海藻の切れ間に落とし込んで使いますが、さっぱりヒットしません。

先ほどのベイトフィッシュの群れと言い、もしかしたら、完全なベイトフィッシュパターンか?!

と思い、今度は海藻の上をストレートリトリーブ。

すると、「ドンッ!」というアタリ。

アタリはカサゴっぽいですが、釣り方はメバルを釣るようなやり方。

もしかしたら、大型メバルか?!

と一瞬期待したものの、すんなり上がってきたのは、お馴染みのカサゴでした。

170629-1.jpg

しかしながら、完全なるベイトフィッシュパターンと判断し、海藻の上をストレートリトリーブし続けます。

すると、どんどんカサゴが釣れます!

170629-2.jpg
170629-3.jpg
170629-4.jpg
170629-5.jpg
170629-8.jpg
170629-9.jpg

3キャスト3尾釣れる時もあり、パターンが完全にハマった瞬間だと確信できました!

中には「トラギス」の仲間と思われる魚を吐き出したカサゴもいました。

170629-6.jpg
170629-7.jpg

消化具合から「吐き出した」というよりも、元々トラギスの体半分はカサゴのお腹からはみ出ていたと思われます。

170629-14.jpg

今まで根魚の「ベイトフィッシュパターン」と言っても、ハタ系の魚ではよく聞く話ですが、カサゴでは、ここまで極端に魚食に偏っている状況は、私自身、経験がありません。(逆の甲殻類パターンでベイトフィシュ系のワームに無反応だった時は時々あります。)

どちらかというとそういう傾向があるかな?

という場合が多く、クローワームを使っても、それなりに釣れる場合が多かったのですが、ここまで極端に結果に差が出るとより根魚釣りの奥の深さを感じました。

170629-10.jpg
170629-11.jpg
170629-12.jpg
170629-13.jpg

お馴染みのカサゴですが、ヴィヴィッドライブのおかげでお馴染みでは無い釣り方で釣れましたのでこの度もとても勉強になる楽しい釣りができました。

ありがとうございます!

1日にロッド2本破損はイタイ・・・そんなツイてない日もあるんですねぇ。自分の知人は車にロッドを立てかけたまま車を発進させてしまい一気に4本折った人がいます。相当ショックだったようです。そりゃそうですよね。

でも釣果は素晴らしい。ベイトフィッシュパターンがモロにハマったようでヴィヴィッドライブで連発だったようです。

ホッグタイプだけ持ってりゃいいってわけではないみたいです。根魚釣りは奥が深いですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。