So-net無料ブログ作成
検索選択

6月初旬 ヴィヴィッドライブで名古屋港のクロソイ連打 [釣果報告]

東北や北海道のロックフィッシュとしてその代表格といえばソイとアイナメです。そしてソイのメインとなるのがクロソイ。岩手まで出向けばクロソイはよく釣れる(現地のエキスパートにガイドしてもらっているからですが)。でも茨城まで南下してしまうと滅多に釣れない珍しい魚になってしまいます。やっぱり北の魚なんだなぁと思っていたところ、何故か名古屋港では釣れるというから不思議なものです。

今回、ライトゲームユーチューバーのMさんがチャレンジしたのは名古屋港。そして今回はいつもの根魚大将ではなく、ミノーフォルムのヴィヴィッドライブを使用。これのジグヘッドリグで中層をスイミングさせたそうなのですが、その結果、何と タケノコメバルに混ざってクロソイが連発したというのです。しかもその様子を動画でバッチリ撮影してくれていました。

6月初旬:愛知県・名古屋港での釣果報告

この度はヴィヴィッドライブを使って愛知県:名古屋港で釣りをしてきましたので、釣果報告をさせて頂きます。

池島様のブログでも時折、釣果報告をしているOさんの案内の元、愛知県・名古屋港で根魚釣りに行ってまいりました。

失礼ながら名古屋港と聞くと、都会の真ん中で、あまり魚が釣れないようなイメージを持っていたのですが、水面を見るとビックリ。

ボラの稚魚でしょうか。大量のベイトフィッシュがワンサカいます。

しかも、港の壁際や敷石には踏みつけてしまいそうなくらいカニがいます。

これほどベイトフィッシュとカニがいるのなら、それを捕食する魚も沢山いても何ら不思議ではありません。

釣りを開始する前からワクワクしてきます。

そして日没後に釣りを開始。

私のメインフィールドの福井県・若狭湾では春~秋にかけては、デイタイムに根魚が釣れるのですが、どうも太平洋側は夜にならないと滅多に釣れないそうです。

根魚を釣る場合、いつもならお馴染みの「根魚大将2.8インチ」を使用するのですが、先ほどの大量のベイトフィッシュを見ているので、これはベイトフィッシュパターンかも?と思い、ヴィヴィッドライブに3.5gジグヘッドをセットしたものを使ってみました。

根魚と言っても、常にボトム付近にいるわけでは無く、ベイトフィッシュパターンの場合は、中層、場合によってはトップウォータープラグで釣れるんじゃないの?と思ってしまうくらいの表層まで泳いできます。

特に名古屋港ではお馴染みのタケノコメバル。そしてクロソイなんかはそういった傾向が強いと思います。

名古屋港には敷石が敷き詰められているゾーンがあるので、その敷石に沿って斜めにキャストします。

完全にボトムに落とすのではなく、敷石に当たるか当たらないかくらいの層を、リトリーブしていきます。

時折、巻くのを止めたりもしますが、基本的にはゆっくりとリトリーブし続けます。

すると・・・「ドンッ!」という強烈なアタリ。

敷石に潜られると、牡蠣の貝殻などで、あっという間にラインが切れてしまいますので、一気に釣り上げます。

170611-1.jpg

すると、名港のアイドル(?)タケノコメバルが釣れました。

170611-2.jpg
170611-3.jpg
170611-4.jpg

この後も数尾タケノコメバルが釣れましたが、なかなか狙っては釣れないクロソイを釣りたくなり、場所を常夜灯の当たっていない暗い場所に移動。

そしてワームを通す層を少し上目にすると、「ドゥン」というアタリ。

一気にリールを巻きますが、あまり引きません。なんとなく20cm未満のメバルっぽいな。と思って姿を確認すると小さいながらもクロソイです!

170611-5.jpg

うーん、やはりクロソイが釣れると嬉しいですね。

170611-6.jpg
170611-7.jpg

その後、ほとんど同じ場所でクロソイを2尾追加。

どうやらクロソイは群れで移動しているようで、一般的な根魚とはちょいとばかり違う性質を持っています。

1尾が釣れたら、その周辺を重点的に狙ってみると、さらに釣れることが多いのではないかと思います。

またその中の一尾がカニを吐き出しました。

「えっ?!ベイトフィッシュパターンじゃなかったの??」

どうも、普通にカニを食べていました。

甲殻類パターンなのにそれでも、バイトさせる魅力がヴィヴィッドライブに秘められているのか?

それとも、単に何でもバイトする超高活性だったのか?

何とも言えませんが、今回はヴィヴィッドライブの中層ストレートリトリーブが最も反応が良く、ボトムをあまり攻めなくても良かったので、根がかりもほとんどありませんでした。

この度も楽しい釣りができました。ありがとうございます!

【当日の様子はこちら】



なお、このブログに頻繁に登場する伊勢湾のベイトフィネス使いであるOさんも根魚大将でしっかり釣果を上げていたようです。

【Oさんの動画はこちら】



Oさん、顔出しOKだったんだ(笑)。

元々ヴィヴィッドライブはシーバスをターゲットとして開発した製品という事もあって、自分はロックフィッシュ狙いで使う事はあまりなかったのですが、次回からは持参確定ですね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。