So-net無料ブログ作成
検索選択

5月初旬 メバピョンピョンで狙う三河湾のメバル釣り [釣果報告]

ピンテールタイプのメバピンピンと、ダートタイプのメバピョンピョン。どちらの方が売れていますか?と聞かれると、やはりピンテールタイプの方が売れています。ピンテールタイプは一般的なナイトゲームでオールマイティーに使える。対するダートタイプは明るい時間帯でもリアクションで喰わせていくタイプ。単純に、メバルを釣る際に夜に釣るか昼に釣るかという問題だと思います。現時点では圧倒的に夜釣りの方がポピュラーなのですから、ピンテールの方が売れていて当たり前です。

そもそも明るい時間帯にメバルが本当に釣れるの?釣れたとしても大して釣れはしないんでしょう?という意見が多いと思います。実際の映像を見てみないとピンと来ない部分も多いのかもしれませんね。

今回、ライトゲームユーチューバーのMさんがメバピョンピョンを駆使したデーゲームの釣りを体験し、釣果報告と動画でのアップをしてくれました。Mさん自身もこれまではデーゲームでのメバリングに懐疑的だったようですが、メバピョンピョンの威力には驚いたようですよ。

この度は前回の釣果報告の翌日の出来事、5月初旬、出張でふと立ち寄った愛知県・三河湾、メバリングの釣果報告をさせて頂きます。

翌日の仕事は早々に終わりましたので、帰路に就く前、夕マズメ時だったのでストレート系のアジング用ワームを使ってメバルやアジを釣ってみようと釣りを開始。

場所はテトラ帯なので、仮にアジやメバルが釣れなくても、ボトムまで沈めたらカサゴなどの根魚系が釣れるだろうと思っていたのですが、これが意外と難しく、何も釣れません。

夕マズメで潮もそこそこ動いている。
決して状況が良くないわけでは無いのですが、理論通りに行かないのが釣りの面白いところ。
(釣りをしている最中は、そんな事言っている場合じゃありませんが)

そこで、「メバピョンピョンを使ってダートアクションで反射食いを狙おう!」
と、なんだか教科書通りの展開に。

私の経験上、そのような教科書的な釣りは、あまり期待できない。
と思っていたのですが、とりあえずキャスト。

7秒ほどカウントして軽く2回~3回ほどロッドをしゃくります。

そしてフォールさせていると、「コトゥン」と明確なアタリが!

170529-1.jpg

反射的にフッキング。すると待望のメバルが釣れました!

「明るい時間帯のメバルはダートアクションで釣る」

私の中で今まで疑心に駆られていたノウハウが確証に代わった瞬間です。
「メバピョンピョンのダートアクション、いける!」と。

それが分かったなら、後は信じてキャストし続けるだけ。

【7秒~完全ボトムまで沈めて軽く2回~3回シャクる】

170529-2.jpg
170529-3.jpg

このアクションの繰り返しで、どんどんメバルが釣れます!

170529-4.jpg
170529-5.jpg

シャクってからのフォール中にバイト。
そしてシャクった瞬間にバイト。

170529-6.jpg
170529-7.jpg

このどちらかのパターンが多かったです

明るい時間帯のメバリングでここまで明確にヒットパターンが分かったのは貴重な体験となりました。

この度はメバピョンピョンののおかげで、新たな釣法を得ることが出来ました。

ありがとうございます!

【当日の様子】


明るい時間のメバリング。夜釣りとは違った楽しさが感じられそうです。ぜひメバピョンピョンでお楽しみください。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。