So-net無料ブログ作成
検索選択

5/18 パフォーマンスベイトで攻めるリザーバー [釣果報告]

とうとう下町の爆釣王Tさんが本格復帰です。関東のリザーバーでの1日の釣果が計67本って驚くしかありません。霞水系なんて1日やって数バイトなんて普通ですよ・・・

2017年5月18日(木) 5:00~18:30
天気:晴れ→曇り→豪雨 気温:14~19℃ 水温:17~21℃ 風:1~3m 水位:減水 水色:スティン 潮:小潮

状況:小・中サイズはネスト?大きいのはアフター

 今回は何度か行ったことがあるものの春~梅雨時期はやったことのないフィールドでの釣りで、全く状況がわかりませんがアフターの渋い釣りを予測し9タックル中3本もスピニングをいれる弱気ぶりです(汗)

 スタートするも案の定ハードベイトへの反応がすこぶる悪く、朝の3時間を費やしてノーシンカーで2本のみでした。そこで『テンタクローラー』(04.ウォーターメロンペッパー)に0.3gのシンカーを打ったネコリグで中層をフワフワとミドストで釣っていきます。

170526-10.jpg
170526-11.jpg
170526-12.jpg

 すると今まで何だったの!?と思える程のバイトラッシュが始まりました!さらに日が差してくるとどんどん激シャローに魚が差してきました!

170526-13.jpg
170526-14.jpg
170526-15.jpg

 小~中型のスポーン絡みの魚も多いと思いますが、ボイルも結構起こるためフィーディングに来ている魚も多いと思われました。そのためスポーン絡みの魚が極力釣れないようにボトム周辺にルアーがいかないよう、止めずに動かし続けるように心掛けました。

170526-16.jpg
170526-17.jpg

 『スパイニーアックス』(08.コーク)等他のワームも試しましたが、やはり『テンタクローラー』が圧倒的に食いがよかったです。食欲のあまりない魚にもスリムで食べやすいだけでなく、腕をブンブン振り回すアクションでイラつかせて食わせる効果もあるんじゃないかと思っています。

170526-20.jpg
170526-21.jpg

 あまりにもシャローで釣れるので一応虫系の『モッサ2.2"』も試しますが、2本釣れたもののやはりまだ少しだけ時期が早いようです。でも今回初導入の新色、『22.スモーク/ゴールドフレーク』は蜘蛛イミテートっぽくてなかなかいい感じです♪クリアレイクや対スモールマウスバスでは強力な武器になりそうです!

170526-22.jpg
170526-23.jpg

 少し余裕がでてきたので午後からは『バンドゥクロー』の7gビフテキリグで3~5mラインにある数少ないカバーをダイレクトに撃ちアフターのデカバスを狙っていきます。

170526-30.jpg
170526-31.jpg
170526-32.jpg
170526-33.jpg

 するとやはりバイト数は減るものの、アベレージサイズはぐっと上がり、アフター回復中の40upもポロポロと混じってきます!今回は追加となったカラー、『58.イニシエノキャスティーク』・『 57.ゴッドインパクト』・『BBテナガ』を使用しましたが、スモールブルーフレークフェチの自分にはどれも堪らないカラーです(^.^)

170526-34.jpg
170526-35.jpg
170526-36.jpg

 とは言えあまり撃つべくカバーもないので、次のカバーにたどり着くまではシャローに『テンタクローラー』を入れていきますがほぼ入れ食いです(汗)なので他のルアーも試しますがやはり横に動くルアーには全く反応を示しません。

170526-37.jpg
170526-38.jpg
170526-39.jpg

 十分に釣れたため、残り時間はハードベイトで釣るべくトップ・ミノー・クランク・シャッド・ビッグベイト等いろいろと試しますがやはり全く釣れません・・・そのうち雷を伴う豪雨に(汗)30分程木の下で避難をし、少し小降りになってきたところで再出撃です!

170526-40.jpg

 すると状況が一変!ゆっくりと巻いてもしっかりと動き、アピール力の強いUSクランクとビッグベイトで頻繁にヒットが続きました!明らかに魚のスイッチが入ったようです。

170526-41.jpg
170526-42.jpg
170526-43.jpg

 最初はリアクションを重視したルアーセレクトでしたが、だんだんと食性でヒットしてくる魚が多くなってきたように感じたので、ナチュラルに動くクランクとシャッドのあいのこ!?のディプシードゥ3にチェンジです。するとさらなる連続ヒットでした!!カラーは以前IKE-Pさんがイチオシと書いていた52.カスミベイトですが、釣れなかったらクレームでしたがよく釣れました(笑)

170526-44.jpg
170526-45.jpg

 現行のディプシードゥは本当に小魚が泳いでいるような唯一無二のヌルヌルとしたナチュラルな動きです。だからシーバスなんかのナチュラルフィーダーな魚にも抜群に効くんでしょうね。それでいてシャッドとは違いクランクならではの扱いやすさがあるので釣れる=20年以上も売れ続けているってことなんでしょう。

170526-46.jpg
170526-47.jpg

 と、今回はレギュラーサイズながら『テンタクローラー』での入れ食い、『バンドゥクロー』で良型のヒット、そして豪雨+夕マズメパワーでの『ディプシードゥ』他ハードベイトラッシュと、両極端な釣りとなりましたが、本当に一雨で全く別の湖かのごとく変貌するということを実感致しました。

本日 ラージ:40up×7本・40cm以下×60本 total 67本

やはり雨効果ってあるんですね。特にこれだけ数が釣れるフィールドだとその変わりようが手に取るように実感できるのでしょう。

フィネスフィッシングからカバーゲーム、クランキングまで幅広く結果が得られたようです。バス釣りは手段が多彩で本当に楽しいですよね。ホッテントットやウィーワートでのヒットもいい感じです。自分もたまには使わないと、折角のストームルアーが宝の持ち腐れになってしまうかな。まぁ、数個しか持っていないファッツオーはさすがに怖くて投げられないんですけど。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。