So-net無料ブログ作成

気になるリップレスジャークベイト・バドンカドンクSS [他社製品]

元々、ボーマーのバドンカドンクSSは2サイズ存在したはずですが現在は2-1/2in、1/4ozの1サイズのみとなっているようです。私が幾つか所有しているのもこのサイズ。ラインナップが減っているという事はあまり・・・なんでしょうね。

170507-1.jpg
(フックは替えています)

1/4ozと小さいルアーであるにも関わらずかなりヘビーな造りをしています。ヒートンやエイトカンではなく打ち抜きの金属プレートを使用。バリバリのソルトウォーターゲーム用なのです。

タイニーバスターJr.と比較して沈下速度は遅いです。もっとも、SS(スローシンキング)なのですから当然です。そのため、中層をレンジキープするのは苦手とします。連続してトゥイッチしてくるとどうしても浮いてきてしまう。

でも、このルアーはあえてそれを狙っているように思えます。つまりは、意図的に水面直下で喰わせるためのルアーなのではないかな、と。使いどころとしては、ボイルしているけれども水面を割ってトップに出るような感じでもない。そんな状況下では水面直下をヒラッ、ヒラッとトゥイッチさせてヒットに持ち込むことができそうです。ただ、あまり激しく連続トゥイッチし過ぎると水面から飛び跳ねてしまいます。適度なトゥイッチが求められるので少しばかりの慣れが必要です。

ルアーの動きに関しては、これも左右に大きくダートするようなものではありません。多少航跡が左右にブレる程度。タイニーバスターJr.のようにボディーを大きく翻すようなこともない。翻す度合いはさほど強くはありません。だから使っていて、あまり動かないなという印象を持つ人が多いと思います。自分もそうでした。

ただ、乱雑に扱ってもフックがラインを拾いにくい。この手のルアーは派手に動かせば動かすほどフックがラインを拾ってしまうトラブルが起こりがちです。そうなると魚は釣れない。下手をするとポイントも潰れてしまう。けれどもバドンカドンクSSはそうしたトラブルを起こしにくい。ここぞ!という時に失敗しないで決めることが出来るというのはボイル撃ちなどでは重要な事です。

バス釣りではあまりない状況かもしれませんが、ボイルしている状況下でこのルアーを正確に撃ち込めたら。トップウォーターでは出ない魚が獲れる可能性は充分ありそうです。でも、自分が探し求めているタイプのルアーではないかな、これは。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。