So-net無料ブログ作成
検索選択

4/30 今日の利根川 [釣行記]

今週末も霞ヶ浦水系はトーナメントが開催されていたので自分は利根川に出ました。

先週もかなり苦戦をしたのと、今日の天候が晴天だということもあってスピニングタックルも積みました。

朝は巻き物から。とはいえボートの準備を終えて利根川で釣り始めるのは7:30前後ですから、朝マヅメは終わっています。今日はやや水位が低く、実績のあるアシ際なども底まで見えてしまっていました。時間も時間なので、水深のある場所を攻めるのが得策だろうなと思いました。

170430-1.jpg

沖目の沈み消波ブロックをテナガホッグのヘビーダウンショットで撃って2本キャッチ。結局この釣りになってしまうんですよね、自分の場合は。

ですがこの後はノーバイトの時間が続きました。テキサスリグを撃ったり巻き物をしてみたりもしましたがポストスポーニングで喰い渋っているのでしょうからさらにスローな喰わせの釣りが正解なんだろうと思いました。ただ、広大な利根川でそれをやろうとすると結構辛い。そんなスローな釣りをしなくたって別のポイントを撃てばアッサリ釣れちゃうんではないか?という気持ちになってしまうからです。

170430-3.jpg

けれども、ここは絶対に間違いないという場所を絞ってテナガホッグのノーシンカーでスローに攻めました。本当はファットヤマセンコーの3インチがお勧めなのですが意外と入手するのが難しく、自分の場合は使い古しのテナガホッグを二次利用しています。

170430-2.jpg

頑張った甲斐あって2尾追加(笑)。今日は結構風も強く、そんな中でノーシンカーをひたすらリフト&フォールさせていく釣りでバイトを拾うのはなかなか神経の擦り減る釣りではありました。

今日はさほど強風は吹かない予報だったはずですが、昼間に吹いていた南風が東寄りに向きを変え、利根川を吹き抜けてきてしまいました。14時を過ぎる頃から白波が立って荒れてきた。昔、アルミボートで利根川を釣っていた時にはこうした荒れ方を一番恐れていました。ドンブラコッコと波を被りながら帰るのも大変でした。ですが今の愛艇は何の不安もなく波の中を突っ走っていけます。とはいえ、釣りを続けるのも困難なほど吹いてきてしまったので今日もちょっと早上がりでした。

ks-bf34.jpg
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。