So-net無料ブログ作成

4月上旬 根魚大将で狙う伊勢湾ロックフィッシュ [釣果報告]

仕事帰りに伊勢湾を徘徊しているOさんから、またもや根魚大将での伊勢湾ロックフィッシュの釣果報告が届きました。なんて素晴らしいアフター5の過ごし方なのでしょう(笑)

今回も仕事帰りに伊勢湾の根魚を狙いに行って参りました。

ワームは新色の根魚大将、ピンク/シルバー。

タックルはベイトフィネスでダウンショットでのエントリーです。

強風の中で時折、潮も激しく動いて、シンカーのボトム着低も感知出来ないようなコンディションでした。

ロッドを寝かせ、リグを流れに乗せながらのリフト&フォール。

数投目、微妙な感触でなんとかアタリが伝わってきました。

アタリは微妙でしたが、バイトが深く、なんとかランディング。

170411-1.jpg
170411-2.jpg

急流の中でも、小魚のようにスイミングする根魚大将、ピンク/シルバーの選択が釣果に繋がったのではないかと思いました(*^^*)。

水温も上がり始め、伊勢湾で根魚を釣るのは難しくなってきますが、頑張って通ってみたいと思います!

強風でしかも潮が早いという悪コンディションにおいて釣果を上げるあたりはさすがですね!!根魚大将に加えた新色のピンク/シルバーは自分の想像以上に高評価をいただいており嬉しく思います。

リグの着底すらままならない状況下においてはそれを操作するのもノー感じになってしまう事と思います。対処法としてはシンカーのウェイトを上げるといった事も考えられますが、それによって魚の喰いが落ちる場合もあるので判断が難しいところでもあります。自分だったら、何とか底を取れるギリギリのシンカーウェイトで忍耐の釣りをするかなぁ?

けれども、アングラーの思うようにワーム操作が出来ない場合はもうワームにお任せ?!してしまうのも1つの方法です。勝手に動くワーム、味や臭いが付いていて魚が勝手に喰ってしまうワームをセレクトすることです。ワームの釣りでありがちな「いつの間にか釣れちゃった」はワームの性能によるところが大きい。

まぁ、根魚用のワームはどこのメーカーの製品も大概味や臭いは付いていますけど、ここではとりあえず根魚大将をプッシュしておきます。何故かって?それは根魚大将に配合してあるフォーミュラが・・・なんてことは言いません。ズバリ、このブログが宣伝だからです(爆)

でもOさんはじめ、ここに出てくる釣果報告はガチですよ。

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。