So-net無料ブログ作成
検索選択

3月下旬 根魚大将で狙う名古屋港のロックフィッシュ [釣果報告]

ベイトフィネスタックルを手に伊勢湾のロックフィッシュを追い求めるOさん。直接お会いしたことはないのですがとても向上心のあるアングラーのようで、新しいポイントの開拓にも余念がなく、さらに潮周りとポイントを上手くリンクさせようと試行錯誤しているようです。潮位が高い時に狙うべきポイント、潮止まりでも喰うポイント、といった具合です。そうした意識を持ちながら釣りを続けていったら、今以上にスキルの高いアングラーになるのでしょうね。

今回はいつもの名古屋港と新しいポイント開拓でエントリーして参りました。

今回はベイトフィネスタックルとパワーフィネス(シーバス用)タックルでのエントリーです。

170328-1.jpg

一ヶ所目は最近不調で出るはずの無いポイントに行きましたが、ベイトフィネスと根魚大将のコンビネーションで釣れてしまいました(*^^*)。

他社のワームでは出ず、ワームチェンジ。
ジグヘッドリグと根魚大将でボトムをゆっくり引きます。
明確なアタリとともにフッキング、可愛いカサゴが釣れました。

厳しい条件下でも釣果の出てしまう根魚大将、びっくりです(*^^*)。

170328-2.jpg

日を改めて新規ポイントに向かいましたが、深夜の干潮の潮止まりでかなり厳しいコンディションながら、ここでも新色の根魚大将、ピンク/シルバーで出てしまいました。

この日はパワーフィネスタックルにダウンショットで挑みましたが、ダウンショットにセットしても好調な根魚大将に感謝です!

次回も他の新色で試してみたいと思います!

まずは経験から仮説を組み立ててみて、この潮周りでこの場所は釣れないだろうと予想をしてみる。そして予想通りに釣れないことを検証する。釣れない釣りはつまらないのでそうした検証はやらない人が多いけれど、とても大事な事です。バスのトーナメンター位でしょうか、そうした「釣れない検証」を行うのは。プラクティスで、釣れないだろうと思うパターンを試してみて、やはり釣れないということを確認する。ある意味予測が合っていることですからそれはやっぱり有用なのです。本戦でそのパターンを消去できる。

もっともこの日、釣れない検証をするはずだったOさん、根魚大将で釣れてしまったみたいです。

ちなみに東京湾のメバカサ便では潮止まり前後の時間にカサゴを狙います。その理由は、カサゴは潮止まりでも釣れるから。潮が動いている間はもっぱらメバルを狙う。

そういう面で、カサゴは潮周りに関して他魚より寛容な気がします。少なくとも、潮止まりではバイトが拾えないシーバスやメバルよりは全然寛容だと思います。ある意味、確実に居る場所でまるっきりゼロを狙う事が難しい魚なのかもしれません。

まぁ、条件が悪かろうと根魚大将なら釣れちゃいますよ、というまとめ方にしておくのが自分的にはオイシイのですけど(爆)

ks-bf34.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。