So-net無料ブログ作成

4/2 今日の利根川 [釣行記]

4月ともなるとすっかりバス釣りのシーズンインという感じで釣り人も一気に多くなるのですが、実際のところはまだまだ難しい時期です。手堅く釣りたいと思ったら岸釣りで、小規模河川、水路などを狙っているのが一番無難だと思います。メインレイクや大規模河川などは4月下旬にならないと容易には釣れないはずです。

だからまだボートで釣るのは早いということは充分わかっていたのですが、たまにはやっぱり愛艇で釣りを楽しみたいという気持ちが大きくなり、出撃してしまいました。

しかし今日はNBC茨城チャプターとバッティング。茨城チャプターはエリアが広大なので、自分は邪魔をしないよう利根川に出ました。4月上旬の利根川、霞ヶ浦以上に厳しそうな気がする・・・実はこの時期の利根川には少し苦手意識があるかもしれない。

本流の水温は10度。奥に水門を控えた小規模クリークに可能性を求めてFLATやASDRBログを引くも、そうそう上手くはいきませんね。シャローには全く魚の気配を感じませんでした。

素直に冬の釣りに戻しました。テナガホッグのヘビーダウンショットで消波ブロック撃ち。これで3バイト2フィッシュ。消波ブロック撃ちと言っても見えるブロックではなく、水深3~4mのショルダー上に点在するインビジブルブロックを丹念に攻めました。

170402-1.jpg
170402-2.jpg

まだまだ魚の位置が深いなぁと思いました。ただ、当たり前ですが真冬の釣りではないのでいい場所に入れれば魚は素直に喰ってきます。

実は、下手をすればボウズもありうると思っていたので2本キャッチはさほど悪い気はしていません。でもそろそろ春らしい魚も手にしたいです。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。