So-net無料ブログ作成
検索選択

3月下旬 黒鯛大将で狙う名古屋港ロックフィッシュ [釣果報告]

ベイトフィネスで伊勢湾各所を狙っているOさんから釣果報告をいただきました。Oさんが使用しているワームは黒鯛大将のジグヘッドリグ。根魚に加えて、あわよくばチヌも・・・という贅沢プラン。今回はタケノコメバルをキャッチされたようです。

根魚狙い?で名古屋港に行って参りました。

当日は黒鯛の電気浮き釣りの方がいらっしゃいましたので、チニングが成立するのでは?という下心も有り有りでした(*^^*)。

タックルはベイトフィネスで、ジグヘッドリグを使用します。

港内はマンメイドストラクチャーのみですが、多様なストラクチャーがゲーム性を高めていると思われます。
そのため、様々なリグで楽しむ事ができますが、あわよくばチニングを成立させたいという思いから、ジグヘッドと黒鯛大将でボトムをズルズル引きます。

そして。。。一投目から早くもアタリが出ました。

ベイトフィネスロッドであるため、パワーのある魚だとロッドが鳴きます。

緩めのドラグから引き出し音が止まるまで締め込んでていきます。

しかし、足元で浮いてきたのは20㎝足らずのタケノコメバルでした。

170328-1.jpg

ランディングは容易でしたが、魚体はパンパンです。

春に最も食味が良いとされる魚だけに、丸々と太っていました。

通常のロックフィッシュロッドで楽しめるサイズではありませんが、ベイトフィネスロッドであれば存分に引きを楽しめます。

また、ベイトフィネスというスタイルに黒鯛大将と根魚大将がマッチングしているという事も多々、感じます。

2.8インチという長さながら、小柄なボディーで食い込みが良く、ベイトフィネスで狙うサイズの魚には丁度良いかと思います。

そして、最初のバイトからタケノコメバルが連続ヒットし、短時間でしたが、満足して納竿致しました(*^^*)。

しかしながら、チニングが成立しなかったのは残念でした。
今後も黒鯛大将でボトムをズルズル引き続けます。

それでは、釣果がありましたら随時報告させて頂きます!

黒鯛大将、根魚大将はそれぞれバス用のベイトフィネスワームがベースになっていますから、そのサイズ感が海のベイトフィネスにもベストマッチ!ですね。

それにしてもタケノコメバルが連発とはうらやましい限りです。関東ではなかなか釣れない魚なので。

チヌは全国各地にいる魚である割には、釣り方が地方によってまるっきり異なる摩訶不思議な魚です。チヌ用のルアーというとジグヘッドリグのワーム、もしくはトップウォータープラグが一番ポピュラーだと思いますが、地域によってはシャッドプラグで狙うというケースもあるそうです。関東だと、シーバスを狙ったバイブレーションプラグにたまにヒットしたという話を聞きますが、トップウォータープラグやワームというのは聞かない。港湾部のボートゲームではケシゴム型ルアーのフォーリングで狙う釣りが有名ですが、これもそれ以外では聞きません。

スミスのテスターの人の話では、その人が良く行かれるフィールドではトップで良く釣れるが、ワームではあまりアタリがないそうです。おそらくその逆のフィールドというのもあるのだろうなと思います。

Oさんの行かれる時間帯は夜なのでワームを試すのが王道なのには違いないですが、もしかすると他の釣り方向きのポイントなのかも・・・まぁ、自分もチヌ釣りに詳しいわけではないので何とも言えませんが。

とはいえ、あれこれと試行錯誤をしている時間は決して無駄ではないですし、何より楽しいはず。試行錯誤の上で結果が出たら、その時は絶対嬉しいに違いないですからね。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。