So-net無料ブログ作成
検索選択

2月中旬 メバピンピンで狙う若狭湾のメバル釣り・2 [釣果報告]

極寒の日本海メバリングの釣果報告が珍士さんから届きました。しかも今回は動画付き。実はこのブログでもたびたび登場するライトゲームのユーチューバーMさんとの釣行だったようです。動画も併せてお楽しみ下さい。

池島様こんばんわ。 珍士です。
メバピンピンの釣果報告を致します。

日付:二月中旬
場所:若狭湾
天候:晴れ、曇り
風向:南風2~3m/s
波:1~2m
気温:4~6℃
水温:10℃
水質:笹濁り
釣果:メバル6匹、カサゴ1匹

タックル
●スピニング
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF他
リール:13セルテート
ライン:PE0.6 号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.2g他

●ベイト
ロッド:自作ベイトフィネスロッド6.4ft
リール:07メタニウム㎎、マグネットブレーキ仕様
ライン:PE 0.4号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#04)+ジグヘッドタケちゃん1.8g

●釣果
メバル6匹、カサゴ1匹

最近の日本海ですが、春一番が到来し、日照時間も次第に伸びていっておりますが・・・メバルの姿が全く見えません。
今までよく相手にしてもらった手のひらサイズのメバルたちも、いつも居た場所に全くおりません。

これは私の推測ですが、ブラックバスならば大きく強い個体ほどシーズンの先取り、つまり産卵を早くおこなうと言われておりますがメバルも同じだとするなら、大きい個体はもうアフターで現状そこまで動けない状況。かつ私が良く釣っていた手のひらサイズのメバル達が現在産卵に行っているので、いつもいたはずの場所にいないのでは?といった状態です。
正直困りました(笑)

170307-1.jpg

そんな中で魚の居場所を効率良く探す手段としてプラグを使用してみるのですが、それすら反応が無く、唯一スミスのガンシップ36SSの超デッドスローというかほぼ巻かずにカレントに乗せて流す釣りでようやく一匹です。

これよりメバルのいる場所は把握しまして、そこからさまざまなルアー、ワームを通すのですがやはり食ってきてくれません。

170307-2.jpg

そんな中やはりメバピンピンは強いですね。メバルピンピンならば小さいですがメバルもちゃんと食ってきてくれます!!
たとえるならメバピンピンはコンビニのおにぎりのように、これなら食べられるといった感じで食べやすいので低活性時に強いのかもしれませんね。

それならば小さいワームなら何でもいいのか?となりますが、メバル曰く違うようです。
(つまり他社ワームを小さくカットしてみましたがアタリが無いということです)
これも私の推測ですが、メパピンピンのグローのシルエット。これが効いてるんだと思います。ワームが全体的に光るのではなく、頭胴側が強く発光、テール側はかすかに光るのでよりシルエットが小さくみえるのも活性の低いメバルでも思わず口を使ってしまうのでは?っと感じております。
サイズは相変わらずですが、この渋い中では貴重です。

また最近はメバルのアタリもアタリらしいものが無いこと多発し、スピニングで捕れないものがあったのでベイトタックルを使用しましたが・・・・

170307-3.jpg

釣れたのはカサゴでした。。。。反応がないのでどんどんレンジを落としていったのでカサゴの射程範囲に入ったようです。
のカサゴからのヒントしてカサゴはメバルよりも若干産卵時期がずれているはず、というこはやはりメバルは産卵に行っている可能性がありしばらく厳しい状況が続くかもしれませんが、それが過ぎれば大型のメバルも出るはずなので我慢の時期なんだと思います。

今回の釣果報告は以上です!あまり釣れてなくもうしわけありません。
ボーズではないのが唯一の救いどころですが、私本人はこれでは納得できないのでちょっと太平洋側も視野にいれて調査してみますね。

【当日の様子はこちら】


動画は実際の釣りの雰囲気がわかるので本当に参考になります。

釣れているシーンを繋げて編集しているからなのでしょうけど、動画で見ると結構いいペースで釣れているような印象を受けますね。

そしてこれはMさんの撮影方法が上手いのでしょうけど、風の音があまりマイクに入っていないです。だから釣り人の喋りが聞きやすい。反面、あんまり寒そうには見えません(笑)。ただ、珍士さんの服装などから察するに、相当な極寒の世界ですねこれは。

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。