So-net無料ブログ作成
検索選択

2月中旬 メバピンピンで狙う若狭湾のメバル釣り [釣果報告]

珍士さんからメバピンピンでのメバル釣果報告をいただきました。いつもありがとうございます。

3月に入り、春めいた日があるような気もしますが夜の日本海はやっぱり激寒のようです。風も強く、天候が雨から雪に変わる中での釣り。我慢大会と言えなくもない状況で、釣りをしない人からすれば酔狂にしか見えないかも(汗)

でも、気温は寒いけれど釣果は熱いみたいです!!

池島様こんばんわ。

珍士です。
メバピンピンの釣果報告を致します。
日付:二月中旬
場所:若狭湾
天候:雨→風雪
風向:北風7m/s
波:2~3m
気温:4℃
水温:10℃
水質:笹濁り
釣果:メバル10匹(最大19㎝)(うち一匹他社プラグ)

タックル
ロッド:ベイライナーCF BL-68L/CF他
リール:13セルテート他
ライン:PE0.6 号+フロロ6lbs
使用ルアー:メバピンピン(#02、#04)他

この日は珍しく友人と一緒に釣りに行ってきました!
いつも一人なので誰かと一緒に釣りができると、とても楽しみにしていたのですが、当日の予報は雨から湿り雪。
こちらは寒くても我慢できるのですが、どうしようもないのが冬の日本海側にありがちな北風からの強風と高波。
これより通いなれた越前海岸に行くけなく、知人に助言を求めたところ風の影響の少ない若狭湾がいいと聞きそちらに向かいました。
・・・ですが、その教えて頂いた場所も風が巻き込んでいるのか爆風で釣りにならなく、急きょ友人と地図を見ながらなんとか風裏をみつけ、初めての場所で釣りを行いました。

メバピンピン(#04)にジグヘッドタケちゃん1.2gで釣り開始。

170302-1.jpg

開始一投目…即来ました!手のひらサイズの小さい魚ですが、初めての場所ですぐ釣果があがる=その日の釣果に期待が持てましたのでどんどん釣っていきます!

170302-2.jpg

この後、私はメバピンピンで爆釣モードに突中したのですが・・・ここで友人が居たことを思い出し、すごい釣れるわ!来てよかったね!っと言ったのですが・・・・
友人「まったく釣れません0匹です・・・・」とのこと。
この時友人はプラグを使っていました。私もプラグを借りて投げてみたのですがツンっとたまにアタリは来るものの食いに来ているアタリではありませんでした。
ちょうどシーバスやトラウトにありがちな、気になってきたもののやっぱやめた。っという感じのアタリです。
波動とシルエットが強いのか?っと思いプラグから他社のワームに付け替え投げてみます。結果はプラグの時と同様。
友人もワームに変えましたが結果は同様だった様子。

170302-3.jpg

試しに、メバピンピンに変えてみると多少渋くなったのですが釣れます。この時に19㎝のそこそこサイズを釣りました。
なんだろう?っと思いつつ友人にもメバピンピンを渡すとすぐに2匹ほど釣り上げました!!
ここまで私6匹、友人2匹です。

この後どうしても友人はプラグで釣りたいとのことで、私も付き合いプラグを投げて1匹づつ釣ったのですが、着水後ハンドル2回転くらいで釣れたのでこれはリアクションだったと思います。やはりプラグではその後無反応でした。

以降私は、他社ワームとメバピンピンのアタリの差が気になり検証をしてみました。
推測の域を出ませんが、おそらくベイトの大きさなのではないかと。こんなにメバルって繊細だったか!?と思う結果でしたがやはり極寒の低水温では好き嫌いがはっきり出るのかもしれません。

170302-4.jpg
170302-5.jpg
170302-6.jpg

この後、私は4匹追加し友人は‥‥でした。気持ちはわかるけどそろそろ帰りたいと思う深夜、雨から雪に変わったのでこの日の釣行を終えました。
友人も変なこだわり持たないでメバピンピン使えばもっと釣れたろうに・・・っと思ったのは内緒です(笑)

本日の釣果ですが、結果を見たら90%メバルピンピンだったことからもメバピンピンがなければ最悪ボウズになっていた可能性が高かったと思います。
以前よりうすうす感じていたのですが、メバピンピンは釣れるルアーではあるが真価を発揮するのは「激シブの状況」であると確信を得ました!
しかも今回私が良く多用する特殊?な釣り方ではなく、ただ巻きで使用していた友人も釣れたので誰か扱っても釣れるルアーである証明になったと思います!

まだまだ寒さ厳しい日本海ですが、また釣りに行き釣果報告させて頂きますね。

極寒の中での釣りもなんのその、メバピンピンなら釣果は熱い!というお話でした。

他のワームが今一つという状況下で、メバピンピンで連発したというのはきっと何か理由があるのでしょう。でも開発に関わった自分でさえも「ココがキーポイントだ」と断言することが出来ないのです。釣れる要素は何箇所も取り入れてある。形状、カラー、フォーミュラ。そのうちの何かが突出して効いているのか、はたまた複数の要素の相互作用で良く釣れるのか。

ただ言えることは、何だか良くわからないけれど、メバピンピンは他のワームよりも良く釣れることが多いという事実です。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。