So-net無料ブログ作成

黒鯛大将で根魚ゲット?! [釣果報告]

ソルトベイトフィネスの使い手Oさんから釣果報告をいただきました。どうもありがとうございます。

想定通り、リグを浮かせない状態で一投目からバイトがあり、タケノコメバルを2尾釣ることができました。

170228-1.jpg
170228-2.jpg

タックルはベイトフィネスです。
DECOYのジグヘッドを使用し、スタック覚悟でボトムをズル引き致しました。

黒鯛大将のカラーはフローセントオレンジです。

浮かせた状態では結果が出ませんでしたが、ちょっとした工夫で釣ることができましたので非常に勉強になりました。

尚、残念ながら黒鯛は釣れませんでした。

前打ち師の方がカメジャコで42㎝を1枚上げておられましたので、チャンスはあるかと思います。

単なる形状違いと思われがちな「黒鯛大将」と「根魚大将」ですが、素材と配合物も違います。

黒鯛大将はボトムでの姿勢を意識したハイフロート素材を使い、浮力を阻害しない程度の甲殻類パウダーを配合。根魚大将は通常のワームマテリアルに甲殻類パウダーを多く配合しています。ちなみにバス用(BFスイミーシュリンプ)にはソルトも配合していますが根魚大将にはソルトは含んでいません。

対象魚ごとに「浮力優先」「味覚優先」「比重+味覚」を使い分けているというわけです。ただ、そうは言っても黒鯛大将で根魚も釣れますし、根魚大将でチヌも釣れます。ワームの浮力を活かした使い方さえ見出せれば、あえて根魚狙いに黒鯛大将を使ってみるのもアリかな、とは思います。その逆もまた然り。

メーカーが推奨する使い方であればまず間違いありません。が、それ以外の方法が生み出すポテンシャルも捨てがたい。ワームの特徴を生かした使い方で楽しんでいただきたいです。

gill-spiny2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。