So-net無料ブログ作成

5/22 山田湾ロックフィッシュ [釣行記]

岩手滞在期間の2日目(5月22日)、夕方から夜にかけて宮古市の名手、中嶋さんに山田湾でのロックフィッシュガイドをお願いしました。中嶋さんはゲーリーインターナショナルさんに加え、今期からはAPIAさんのサポートを受けるなど宮古を代表するロックフィッシュアングラーの一人。私とは初年度の「集まれ浄土ヶ浜」イベントからのお付き合い。

そんなエキスパートにガイドをしていただくなんて何とも贅沢な話です。でも実際問題、この地域の海岸線は依然として工事中や立入禁止のところが非常に多く、他県の人間がいきなり行ってポイントを探すという事がとても難しい。ましてや夜釣りともなると完全にお手上げ状態になってしまいます。

夕方に中嶋さんと合流し、暗くなる前にアイナメ狙い。最近も中嶋さんが大型を仕留めた場所らしく、粘れば魚が射してくるとのことでしたが、ここではショートバイトのみ。

そして次のポイント。中嶋さんはすぐにクロソイを釣り上げる。私も堤防の角にテキサスリグを落とすと2度ほど明確なアタリがあったもののスッポ抜け。中嶋さんがそろそろ移動を考え始めていた頃、堤防のハシゴ部分に落とした根魚大将にモゾッとしたアタリ。ロープでもあったかな?と一瞬思いましたが魚っぽい。アワセを入れると走るでもなく激しく首を振るわけでもなくモッタリと動いているような、そんな引き。何だこりゃ?!

160525-1.jpg
160525-2.jpg

カジカだっ!!初めて釣りました。根魚大将で釣り上げた魚種がまた1つ増えました(笑)

そして近年、岩手でもベッコウゾイが増えてきており、中嶋さんはその狙い場所と狙い方を確立させているようでした。「アマモが生えているところに居るんです」とはいうもののアマモがある場所なんてパッと見では全然わかりません。私には「その立ち位置からあっちに投げて下さい」と指示が出るので「あぁ、確かに・・・」となりますが、一人でこれを見つけ出すのは相当通わないと無理。私にも一度、明確なバイトがありましたが掛けられず。中嶋さんはレッグワームでアイナメをサクサク釣っていましたがこの日ベッコウは出ず。

しかしながら、暗くなってくるとクロソイラッシュ!!中嶋さんがクロソイの溜まっているストレッチを発見したのです。「池島さんこっちをやればすぐに釣れるはずです!」と言われ攻めるも、あれ?(笑)

160525-3.jpg
160525-4.jpg

でも魚は居る筈なのでカラーローテーション。根魚大将のオレンジに換え、リグも1/8ozのジグヘッドリグにチェンジ。するとようやく私にもヒットが続くようになりました。

160525-5.jpg
160525-6.jpg

その後、完全に暗くなるとオレンジよりもグローカラーが強くなってきました。またクロソイ自体も壁際から離れて広範囲でヒットしてくるようになりました。

160524-2.jpg
160525-7.jpg
160525-8.jpg
160525-9.jpg

それ以降、中嶋さんが数箇所のポイントを案内してくれましたがグローカラーの根魚大将でコンスタントにクロソイを釣り上げていくことが出来ました。

160525-10.jpg

「あれ?池島さんそれクロソイじゃないです」と中嶋さんに言われて初めて気が付いた。オウゴンムラソイのようです。関東では珍しい魚なのでラッキー。危うく写真を撮らずにリリースするところでした。

最後に行った場所は地元でも多少知られているようで他のアングラーの姿もありました。それでもクロソイは相変わらずいいペースで釣れました。が、潮止まりになりつつあったことと一通り攻め切ったところで私が投げていたジグヘッドリグへのバイトは極端に減ってしまいました。ところがそんな中でも中嶋さんには頻繁にバイトがあるようでしょっちゅうアワセを入れている。もう、私とはアタリの数が雲泥の差。

160525-11.jpg

中嶋さんが使っていたのは何とファットイカのノーシンカー。ロックフィッシュにそんなワームを使うなんて聞いたことが無い。でも、目の前でボコボコに釣られてしまうと何も言えません。ただ、やはりフッキング率は悪いようです。何せクロソイのサイズも30cm以下のものがほとんどなので、ワームやフックサイズが大きいのではないかと。ノーシンカーが効くのであればイモやセンコー、イカ系にしてもイカ4インチ辺りにすればもっとフッキング率は上がるんじゃないですか?

「いや、ファットイカのボリュームだから喰ってくるとも思うんです。それに、クロソイがイカを喰っているからファットイカが効くんですよ」

160525-12.jpg

そして中嶋さんがファットイカで釣り上げたクロソイが口から吐き出したのは、本当にイカ!!これにはびっくり。

正真正銘のイカパターンというわけです。ゲーリーのイカシリーズを日本に入れた張本人の私ですが、まさかこんな釣りがあるなんて。ちなみにフックの刺し方は、バス釣りで多用される「逆刺し」ではなく「並刺し」が良いとのことでした。

今回、残念ながらアイナメは釣れませんでしたがクロソイは二桁キャッチすることが出来ました。中嶋さんが良い場所に連れて行ってくれ、的確にアドバイスしてくれたおかげに他なりません。ただただ感謝です。

それにしても魚影の濃さが関東とは桁違い。やはり東北は遠いけれど、足を運ぶ価値はあるなぁと再認識しました。

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。