So-net無料ブログ作成

北海道のニジマスが危ない。 [物申す!]

ブラックバスは外来生物法によって様々な制約が設けられることとなりました。パブリックコメントを募集しておきながら、大多数の民意を無視した最悪な政治判断でした。

そして今度は北海道でニジマスが特定外来生物に指定される可能性が出てきています。

北海道の生態系は本州のそれとは異なります。そのため北海道では「北海道外来種対策基本方針(素案)」という案を作成しました。簡単に言うと、どの種を外来種としての防除対象に入れようか、という選定がなされるというわけです。それに先立ち、2/7まで道民を対象にパブリックコメントが募集されています。

その結果如何によってはニジマスが対象となってしまう可能性もあり得る。その場合はバスと同様に、生体移動などにも制限が掛かり、放流が出来なくなる恐れがある。

残念ながらパブリックコメントについては道民対象と明記されているので、それ以外の居住者の意見は軽視される可能性があります。しかし一部の釣り人を中心として、ニジマスを指定外来種に選定しないことを求める署名活動が開始されました。

http://www.yukisiro.net/nijimasu.pdf(PDFファイル)

私ももちろん署名をしました。是非大勢の方のご協力をお願いいたします。締め切りは3月3日郵送で必着だそうです。

おそらく自分が北海道にニジマスを釣りに行くことはないだろうと思う。でも釣り人ならば他人事として見て見ぬふりをするのは止めた方がいいように思います。北海道でニジマスが外来種として扱われるようになればゆくゆくは全国的な流れに発展していく。そしてやがては、国内外来魚であるヘラブナなどに波及する恐れもあります。

外来生物法に端を発した、この理不尽で狂っている政治的な流れ、どこかで断ち切らないと。

ks-bandocraw.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。