So-net無料ブログ作成

6年ぶりの復活!・2 [スミスルアー]

ミスティーの復刻要望が高い事を認識していたのは私だけだったわけではなく、スミス40周年記念商品のアイデアを社内で募った際には、私以外のスタッフからもミスティーの復刻案を提案する意見がありました。金型が再利用出来るかどうかを確認する必要はあったものの、当然、復刻案は採用されることとなった。ただ、私は単に過去のミスティーをそのまま再販したのではつまらないと思っていました。40周年記念商品とするには、何か別の付加価値も欲しい。

ここから先の具体案に関しては私の提案内容に沿ったかたちで復刻を進めていくことになります(というか、私が強引にそうした)。今回のミスティー復刻は、過去の製品をそのまま再販するようなつまらないものじゃいけない。もっと、皆をワクワクさせるような内容でなければ意味がない。だから私は、かつてのミスティーが持ち合わせていなかったもの。こんな仕様もあったら面白いんじゃないのかな、と胸の内に仕舞っておいたものを具現化させることにしたのです。

ご存知の方も多いかと思いますが、ミスティーは、ハトリーズのトップウォータープラグで知られるデザイナー、羽鳥静夫さんの作品でもあります。だからこそあんなにもボディーラインが美しい。言うなれば、トップウォータープラグではないものの、ミスティーもハトリーズの一員といっておかしくはない。だから今回復刻させるミスティーは正式にハトリーズの冠を付すことに決めました。『ハトリーズミスティー リミテッドモデル』。

これだけ曲線美の完成されたプラグですから、ハトリーズプラグのカラーリングがきっとよく似合うはず。だから今回の復刻に、ホットタイガーだとかアユカラーなんていう色は存在しない。ハトリーズらしいカラーリングを身にまとうことで、ミスティーが完全にハトリーズプラグとして完成すると考えていたからです。

そして工場に試作依頼をしてから数ヶ月。ようやく私の手元に、ハトリーズミスティーのカラーサンプルが届いたのです。これまで心の中で思い描いていたものが、実物となって私のもとへとやってきた。

一目見た瞬間の違和感の無さ。やっぱり似合ってる。コレだ!と思った。もう完全に、ハトリーズ。夢だったハトリーズミスティーが実現できた。さらに、左面には40th.Anniversaryロゴ、右面には羽鳥さんのサインをプリント。凝り過ぎだったかな?いや、記念商品なんだからいいでしょう。勿論、羽鳥さんの監修を受けた商品です。

110716-1.jpg

40周年記念のメモリアルパッケージに、同色のフローティングとシンキングがそれぞれ1個ずつ入った2個セットです。今回限りの限定生産品。生産数はかなり少ないので、欲しいという方は是非ともお早めにお買い求めいただきたいと思います。

かつてミスティーで良い釣りをされた方、そしてハトリーズファンの方も、この機会に是非。

・同色のミスティーF×1、ミスティーS×1 の2個セットでの販売となります
・¥3000(税別)
・8月発売予定


fukkou.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。