So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

丸古精二選手、NBC広島チャプター2016AOY獲得 [その他]

自分は学生時代から印旛沼で開催されるNBCチャプタートーナメントに出場していました。当時チャプタートナメントに出場していた人の多くはJBTA(現在のJB)プロに昇格するためでした。もちろん自分もそう。ですから自分自身も、JBTAのイースタン、そしてジャパンプロ(現在のマスターズ)に昇格すると、プロトーナメントに専念する為にチャプタートーナメントへの出場は取り止めました。私の周りも、JBTAプロに昇格した人は皆そんな感じだったと思います。

何せ当時は空前のバスブーム。アウトドアブームでもありました。ですからバスフィッシングのトーナメントプロなんていう肩書があると「そりゃスゲー!」となった。この世界はどこまで伸びていくんだろうという期待感もありました。好成績を出して知名度が上がったら、自分の人生変わっちゃうんじゃないか。本気でそう思えた。だから皆、夢を持ってトーナメントに出場し、上を目指していたのです。

そして時代は変わった。バスブームは去り、トーナメントに参加する人は大幅に減った。

それでも勿論上を目指す人は居る。でもその一方で、自身のライフスタイルに合ったトーナメントに参加する人が増えた。新しいスタイルのトーナメンターが増えてきました。

高額なエントリーフィーを掛けてまではやらない。プロになろうとも思わない。遠征を必要とするトーナメントトレイルではなく、ホームフィールドで開催されるトーナメントに出場する。現在、チャプタートーナメントに出場している人はそんな方が多いのではないかと思います。

そうした人達が増えた結果、ローカルトーナメントのレベルは著しく上がった。本来ならプロレベルの実力を持った人が上のカテゴリーに進まずチャプタートーナメントに留まり続けるようになった。そして決まったフィールドにとことん通い込むことになるので、おのずとローカルエキスパートになっていく。そうなってくると地元関係者からも一目置かれる存在となるので、彼らが使う道具は周辺地域での販売動向に影響を及ぼすようになる。

そして現在、多くのメーカーがNBCチャプタートーナメントに注目し、その中で活躍する選手をサポートするようになった。昔はプロ資格のない人にメーカーサポートなんてありえなかったです。そして今季より、スミスでも3名のNBCチャプター出場者をパフォーマンスベイトのモニターとして新規採用していました。

160824-1.jpg

その中の一人が広島チャプターに出場している丸古精二選手。8/21に開催された最終戦で3位に入賞し、見事に今年度の年間優勝を手にしました。

160824-2.jpg

ちなみに丸古さん、2006年は年間3位、2008年2位、2010年1位、2012年4位、2013年1位、2014年4位、2015年2位、そして2016年は1位と、広島チャプターではメチャクチャな強さを誇るトーナメンター。昨年は首位を走っていたものの最終戦で逆転され年間優勝を逃したらしいので、今シーズンの年間優勝は嬉しさもひとしおだったことでしょう。

ただ、これだけ強い人をサポートするとなるとリスクがないわけではありません。だってもしメーカーサポートを受けるようになってから成績が落ちてしまったら、あそこの製品は・・・ということにもなりかねないからです。

160824-3.jpg

でもそんな私の不安は杞憂でした。弥栄ダムではバンドゥクローをメインに開幕から2連勝。最終戦はテンタクローラーのダウンショットで3位だったとのことです。そんな丸古さんの活躍もあり、広島方面でパフォーマンスベイトの在庫を置くようになったお店もあります。スミスは関東のイメージが強いのか、パフォーマンスベイト製品は中国地方で扱ってくれるお店は少ないというのが正直なところでした。とてもありがたいことです。

これからも、丸古選手には活躍を期待してしまおう(笑)。年間優勝おめでとうございました。

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

キャスティングTV バンドゥクロー [その他]

キャスティングさんで配信している動画で、キャスティングTVというのがあります。商品説明に関する動画が沢山ありますね。

そのキャスティングTVの中で、川又プロによるバンドゥクローの製品説明の動画がアップされていますので紹介します。



流暢な喋りかどうかはさておき(笑)製品の特徴は理解していただけるのではないかと。

キャスティングさん、是非バンドゥクローの在庫も置いて下さい!

ウチから車で30分以内の距離に、キャスティングさんが3店舗もあります。店舗によって多少違うみたいですが、夜の21:30まで営業しているお店もあります。

「やべぇ、フックが足りない!」なんて時に、遅い時間でも買いに行けるのは本当に助かります。会社から帰って、お風呂に入って晩飯食べて、それからでも何とか間に合っちゃう。もっとも、その分店員さんは夜遅くまで大変だなぁ~と頭が下がる思いです。帰宅時間、遅いんだろうなぁ。

gill-spiny2.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/20 根魚大将で狙う舞鶴のアコウ [釣果報告]

ロックフィッシュハンターのHさんから舞鶴でのアコウの釣果報告をいただきました。今回はガチンコ釣行ではなく、ご家族とのドライブついでの釣行だそうです。チョイ釣りでしっかり結果を出しているところはさすがです。アコウ以外の魚も釣れていますが、根魚ではないですね(笑)

日付:2016/8/20
時間:5時~7時
場所:京都府舞鶴市
ワーム:根魚大将 ブラウンシュリンプ、ナチュラルミノー
仕掛け:テキサスリグ

お盆も過ぎて、残暑が残る8月下旬頃から、アコウの食いも戻ってくる頃なので、家族とドライブを楽しむ合間に釣りをしてきました。

160822-1.jpg
160822-2.jpg

まずは、毎年恒例の実績ポイントを調査すると、早速当たりがありますが、当たり方がアコウ、カサゴの当たりではない気がしながら魚をあげると、正体はエソでした。

160822-3.jpg

しかも、エソとフグが多いのか、ワームがボロボロ。新しいワームに付け替えてもワームが瞬殺でボロボロ(涙)しかも、いつもの場所に藻場がありません。しかたなく、場所移動を決意。

今度は以前から気になってた場所を新規開拓の意味を込めて、根魚大将を投げると、すぐに答えが返ってきました。

160822-4.jpg

ワームをリフトした瞬間ガツンッと食ってきて、下の潜ろうとしています。その瞬間、アコウと確信。あげてみると、思ったより小さいながらも24~25cmほどの元気なアコウでした。これだけ引けば回復して入れ食いモードも近いと感じながら、気になる場所をランガン。残念ながらアコウは1匹だけでしたが、エギングでアオリイカも入食いした良い場所も見つけ、納竿しました。

エギングをしてる方は最近増えて、関西ではかなりのアングラーがエギングをしています。実は僕のタックルもロックフィッシュ専用ではなくて、エギングタックルを使っています。リーダを少し太くする必要はあるかと思いますが、気軽に釣れる釣りですので、根魚大将等のワームとテキサスリグを少し忍ばしておくだけで釣りの幅が広がると思いますのでお勧めです。

根魚大将ではこれまで色々な魚の釣果がありますが、エソは初めてです。1目魚種を追加していただいたことが何気に嬉しいです(笑)。ジグでの釣果はたまに聞くのですが、ワームでも反応するんですね。

勿論、本命のアコウもきっちりキャッチされていてお見事!!

根魚用のロッド、勿論専用品もありますが、テキサスリグ向のバスロッドやエギングロッドなどのロッドでも代用可能です。というか、海って何が釣れるかわからないところがありますよね。メッキが入ってきているかもしれないし、もしかしたらメバルも?沖でナブラが立ったらジグを投げられると良いし、アオリの気配があればもちろんエギングもあり。でも実際問題、それらに全て対応しようとしたらロッドが5本くらい必要になってしまう。そんなに沢山釣り場には持っていけませんよね。移動の際には邪魔臭いし。

エギングロッドはライトゲームは厳しいものの、その気になれば根魚にも、シーバスにも使えたり、いざとなったらジグをチョイ投げしてもいい。最初からターゲットを絞り込んでいるのなら専用ロッドがいいと思いますが現地に行ってみないと何が釣れるかわからないようなケースでは重宝するアイテムでしょうね。

gill-bf.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

POP-R [他社製品]

バスプロ ゼル・ローランドのチューニングモデルがバスプロの間で評判となり、日本でも大流行したPOP-R。

160821-2.jpg

ただ、その当時に出回っていたPOP-Rはノーマルで使うと特に機敏に首振りをするわけでもなく、単にポップ音を発するだけのポッパーといった感じで、特別優れたルアーだとは思いませんでした。

160821-3.jpg
160821-4.jpg

けれどもその後にリニューアルして発売されたPOP-Rは素晴らしいのなんの。機敏な首振りに軽快なスプラッシュ。亀山ダムの立ち木周りなんて、バスが吸い寄せられるように次々とアタックしてきたものです。ウェイト的にはマイケルの方が扱いやすかったですが、価格面で入手しやすかったのはPOP-Rの方でした。

ちなみに一般的にPOP-Rとして語られるのはP60という1/4ozのもの。けれどもPOP-Rにはこれより小さい1/8oz(P50)、大きいサイズの1/2oz(P65)もあります。P50はスピニングタックルで使うと反則レベルに釣れたルアーです。P65は自分は使わなかったですが、遠投性に長けているので根強いファンがいました。

POP-Rに限らずですけれども、トップウォータープラグというのは滅多な事ではロストをしないので、当時のものを今でもずっと持っています。なので自分は学生の頃以来、ずっとPOP-Rを追加購入することはなかったのです。その必要性がなかったからです。

160821-1.jpg

でもコレは買ってみました。2012年に発売されたレーベル50周年モデル。2個セットです。2個入って¥880って安いですよね?だって1個あたり¥440ですよ、新品なのに。おまけにアニバーサリーモデルです。これは絶対に買いでしょう。
・・・というのは私のようなオッサンの意見なのかもしれません。実はこの50周年モデル、割と最近入手したものです。つまり、3年以上もずっと売れ残っていたものなんです。これだけ安くて、しかも限定品なのに売れ残っちゃうものなんだなぁ。

けれどもこの50周年モデルのPOP-R、というか現行品のPOP-R自体がそうなんでしょうけど、案の定のメイドインチャイナ。ただ、その仕上がり具合は過去最高に綺麗です。張り合わせ面の処理なんて素晴らしい。ただ、過去のPOP-Rと比較してパーツが変わっています。具体的にはスプリットリングのサイズが小さくなっているのとエイトカンのサイズも変わっていますね。

果たしてこのチャイナ製POP-R、前モデルと較べてどうなんでしょうね。ちなみに50周年モデルは保管用として買ったので使う予定はなしです。

gill-tentacrawler.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リリース禁止を知る・2 [物申す!]

とある県が新たにリリース禁止の危機に直面しています。現段階でその詳細を公には出来ないのですが、一部の人達のSNS等で徐々に情報が出回りつつあるようです。

自分もそうして釣り人が拡散しつつある情報に目を通してみたのですが、落胆したというのが正直なところです。あまりにも無知な人が多過ぎる。リリース禁止の本質がわかっていない。まぁ、自分も3年前までは無知だったのですけれど。

内水面漁場管理委員会の委員会指示によってリリース禁止にされそうだ。これに対して昔から良くある釣り人側の反応は以下のようなものです。

  • 行政や県はバスへの理解が足りない。
  • 行政や県は県内の販売店やメーカーといった人達の事を何も考えていない。
  • 釣り人の意見を述べたところで、どうせ聞く耳を持ってはいないだろう。

こうした意見を持っている人に対して声を大にして言いたい。内水面漁場管理委員会についてもっと理解しなさいと。

【委員会事務局は委員会ではない】

今回、リリース禁止になりそうだという話が事前に出てきているのは、内水面漁場管理委員会事務局から釣り人サイドに事前の通知があったからです。

ここで大事なポイントが1つあります。委員会事務局と委員会は別物だという点です。
委員会事務局というのは県の水産担当部署です。要するに委員会事務局は「県」そのものであり、「行政」です。つまり今回、行政側がバスのリリース禁止の意向を示しているわけです。

が、実は県にはその決定権がありません。その決定権を持っているのが内水面漁場管理委員会になるわけです。

県は委員会事務局でこそあれ、委員会ではありません。委員会事務局は議題の提示は行いますが、決定権は有していない。ここ、大事です。

【委員会は役人の集まりではない】

でも内水面漁場管理委員会って行政の一部なんでしょう?いいえ、行政そのものではありません。ましてや役人の集まりでもないんです。ここを誤解している人が多過ぎる。

じゃあ内水面漁場管理委員会って一体誰がやっているの?では、今回問題が浮上している県の委員会のメンバー構成を紐解いてみます。ちなみにこの県の委員会は全員で8名と他県に比べて少な目。

会長代理・漁業者代表:漁協組合長
漁業者代表:漁協組合長
漁業者代表:漁協組合長
漁業者代表:漁協組合長
学識経験者代表:物産協会取締役
学識経験者代表:大学教授
学識経験者代表:元県水産課役職者
遊漁者代表:釣り団体役員

確かに学識経験者の中には一部行政に携わる人も居ますがそのほとんどは役人ではありません。半分は漁協なんだということを知って下さい。そして釣り人の代表も含まれていることを知るべきです。

【リリース禁止を決めるのは誰だ】

リリース禁止を決める権限を有しているのは内水面漁場管理委員会です。そこをあえて内水面漁場管理委員会という言葉を使わず表現するとしたら、『リリース禁止を決めるのは県ではなく、漁協と有識者と釣り人が決めている。そしてその中でも特に漁協の力が大きい』。そういうことなんです。

入漁料の支払いを巡って漁協の組合員と揉め事を起こす。そんなことではバスはリリース禁止になります。漁協と敵対したらそうなるのです。これは今現在バスのリリース禁止が制定されていない地域の方も強く肝に銘じておいて下さい。

【まずは内水面漁場管理委員会を知ることから】

これまで何度か記してきましたが、バスのリリース禁止を何とかしたいと願うのならば内水面漁場管理委員会のことを良く理解すること。それを理解した上で、何をどうすれば良いのか考え、行動すること。それが最も直接的な方法で、一番大事な事なのです。

P.S.
自分がこの手の記事をアップすると、見ず知らずの方々までSNSで拡散してくれたり、いいね!を付けてくれたりします。本来ならばありがたいことに違いない。けれどもちょっと思うところがありまして、本記事の無断引用・リンクは禁止とさせていただきます。いいね!もいりません。どうぞよろしくお願いします。

ks-bf34.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

諏訪湖のワカサギに思う [その他]

昨年は与田浦でハクレンが大量死したニュースがありました。過去には黒部川や野田奈川でも魚が大量死したことがあります。いずれも高水温期に何らかのきっかけで水中が酸素不足に陥ったことが原因と思われます。なので、この手の魚の大量死というのは水温が高温になりやすい低地の水域が多いものだとばかり自分は思っていました。

ですので、7月下旬に長野県の諏訪湖でワカサギが大量死したというニュースを聞いたときは非常に驚いた。

あわや全滅かと懸念された諏訪湖のワカサギですが、その後の調査でおおよそ1/3に減っていると推定されています。全滅ではなかったにせよ、激減してしまったということになります。地元関係者の落胆たるや相当なものがあるのでは・・・。

今後、諏訪湖自体でのワカサギ釣りも何らかの制限を設ける可能性があるとのことです。そもそも、釣果が落ちれば釣り人の数自体も減ってしまうかもしれません。

ワカサギ釣りは近年冬場の釣りものとして人気があります。今では全国各地にワカサギ釣りで賑わうフィールドがあるわけですが、相当数の湖が諏訪湖産のワカサギ卵を購入して放流に充てているのが現状です。今後、各地へのワカサギ卵の供給量が減少するようなことになると全国的なワカサギの釣果に響いてくる恐れもあるということです。

近年、日本の気候も変化し、気温も上昇してきています。夏季には猛暑日に見舞われることも多くなった。一方、湖沼では年々泥や有機物が湖底に堆積してきています。頻繁に起こるものではないといえ、今後は今まで以上に内水面で魚の大量死が起こるケースが増えてくるかもしれない。

温暖化は地球レベルの話なのですぐにどうこうできる問題ではありませんが、せめて湖底の堆積物に関しては、数年に一度浚渫してみるなどして少しでも除去できるように出来ないものだろうか。諏訪湖に限らずですけども。

自然湖で長年バス釣りをしている人、感じませんか?昔と比べて随分浅くなったと感じる場所が多くなったなぁと。数年後にはもうボートで進入していけないんじゃないかと思えるような場所、結構ありますよね。

ちなみに諏訪湖はコスト面の問題等で浚渫は行われていないそうです。一方、千葉の印旛沼などでは湖底の堆積物を除去するための浚渫が行われています。結局はコストの問題なのかもしれないけれど、ワカサギが大量死するといった経済面での打撃を考えたら、検討してみてもいいんじゃないかと思うのですが・・・。

gill-mossa.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ULTRA SHOT [他社製品]

最近はめっきり需要の薄くなったスプリットショット。けれども昔は誰もが多用したリグの1つには違いありません。

スプリットショットというと格好イイけれど、要は日本のエサ釣りでも使われるカミツブシ、ガン玉の類と基本的には同じです。けれどもスプリットショットって、鉛のような柔らかい素材だからこそラインに固定できるという一面があります。潰すことでラインに固定するからです。

けれども潰すという事はシンカー自体もほぼ使い捨てに近い。自分の場合はスプリットリングプライヤーで取り外して再利用することも多かったのですが、数回使うと原型を留めないほどにボロボロになります。

「潰す」以外に良い固定方法はないのかな?そうすれば鉛以外の素材もスプリットショットに出来るのに。実は自分自身、樹脂タングステンのスプリットショットを開発していたことがあります。固定方法も見出していた。ただ、ガッチリ固定するのはいいのですがラインの痛みも大きかった。最後は結局コスト面で断念することになったのですけど。

160818-1.jpg

一方、アメリカのバレットウェイト社のシンカーにはULTRA TIN 2000 ULTRA SHOTというシンカーがありました。スズ製のシンカーですね。

160818-3.jpg

中央に穴が開いており、その周りに溝がある。その装着方法は以下の通り。

160818-2.jpg

ラインをループ状にして穴に通し、ループを折り返すようにして溝に1周沿わす。

おぉ、簡単でイイじゃない。ラインを切ることなくシンカーの脱着が自在に出来るのも高評価。だったんですが・・・

実際にこれをやってみると簡単にシンカーがズレてしまうし、ちょっとした拍子ですぐにシンカーが飛んで行ってしまう。使い物にならなかった、残念。そして今ではこのシンカー自体も廃盤になっているようです。固定方法さえ問題なければ悪くないと思うんですけどねぇ。

otsuka-nezakanataisho.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹ペラ [他社製品]

スイッシャープラグのペラというと、通常は真鍮や鋼材などが一般的です。最近はプラスチック製のペラもありますね。

160816-1.jpg

でも遂に、物凄い素材のペラが発売となりました。その素材とは・・・何と『竹』!!!

150316-21.jpg

あのクアトロブレードで有名?なかわうそ工房から発売となった『竹ペラ』。この製品が生まれるきっかけとなったのはペラ装着による浮き姿勢の変化を無くしたい、という発想からだそうです。

確かに、テールにペラを装着すると、どうしてもその自重ゆえに浮き姿勢が尻下がりになる。必ずしもそれが悪いという事ではありませんが、ペラを装着した状態でも水平浮きを維持しているならば泳ぎ出しの良さは間違いなく向上するでしょう。この竹ペラは、装着してもその浮き姿勢が変わることはないとのことです。

160816-2.jpg

ちなみにこの竹ペラ、なんと1個1個がハンドメイド。そのため微妙に形状や肉厚が違います。その気になったら購入後、自分好みのシェイプにヤスリがけしてもいいかもしれません。価格は1枚¥480と割高感はありますが、ハンドメイドということを考えるとそれは致し方ない部分と言えるでしょう。

最近の子供は知らないかもしれないけれど、自分は思わず「竹とんぼ」を連想してしまいました。

なお、回転性能が卓越しているとか、魚をコールアップさせるスイッシュサウンドなどというのは無さそうです(笑)。だって竹ですもの。あくまでこの製品のウリは浮き姿勢を変化させることがない、浮力の弱いプラグや小型プラグなどでもスイッシャー化出来る、という部分です。素材それぞれのメリット・デメリットを理解していただいた上でご使用になるのが良いかと思います。

あっ!そういえばこの製品を使用する際には注意しなくてはならない点が1つあるそうです。それはミスキャストで強くぶつけると割れてしまうというところです(苦笑)。岩盤とか、あまりタイトに撃ち込まない方が・・・いいかな?!

木目が出ているようなウッドプラグなどに装着すると、和のテイスト溢れる渋い仕上がりになること請け合いです。ご購入は埼玉県蕨市のルアーショップ笠原さんでどうぞ。

P.S.ハトリーズスペシャルの在庫も色々ありましたよ!!

160816-3.jpg

ks-vspec.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/15 今日のご近所 [釣行記]

自分も現在はお盆休み中。渋滞が嫌なので遠出の予定は無し。でも昼間は埼玉県内のショップを周っています。埼玉県のオオクチバスのリリース禁止問題に取り組むにあたって色々と協力をして下さったお店への御礼と結果報告を兼ねて周っているというわけです。既に県北方面は周り終えたので今日は県南方面のショップ周り。

でもその前にドブ川Bへ(笑)。2日空いたけど、どうかな?

160815-1.jpg

水の色はいい感じだ(笑)。いや、冗談ではなくこれがこの川でシーバスが釣れる水の色なんです。普通のシーバスアングラーが見たら間違いなくドン引きする水の色。浮草や藻の破片、そしてゴミなども大量に流れているし。

白っぽいというかグレーがかっているというか、いわゆる普段のドブ川の水の色ならば問題なし。雨の直後などに泥水が流れ込んで一時的に茶色になることがありますが、これは駄目です。さらに大量の雨水が流れ込むと底のヘドロが掻き回されて川自体が真っ黒になります。こうなると壊滅的に釣れないですし、ヘドロ臭が物凄いです。

もっとも、普通の人はこんなドブ川でシーバス釣りなんてしない、というか、まさかシーバスが居るなんて考えもしない人がほとんどでしょう。

今朝は2時間ほど釣りをしましたが完全に魚が抜けてしまっており、ノーヒットで終わってしまいました。今シーズンは何だかムラが激しいなぁ。

そして午後からは蕨、川口とショップ周り。おおむねこれで終了。色々と協力してもらった御礼とか結果報告とか、電話やメール、郵送などで済ませるのは自分的には良しとしません。やはり直接足を運んで礼を言い結果を報告するのが筋だと思っているので、そうしています。面倒臭い性格だなぁと、我ながら思います。

ks-bandocraw.jpg
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

8/12 今日のご近所 [釣行記]

昨日の朝はかつてない爆発を見せた近所のドブ川B。かなりまとまった数のシーバスの群れが入っていたのは間違いない。そりゃ今朝も行きますよね。なるべく状況が変わらないうちにいい思いをしたいですもの。

ん?今朝はイナの群れが少ないな。

160812-1.jpg

しかしほどなく、流芯狙いでフィッシュオン!!幸先よく40cmクラスをキャッチ。ヒットルアーはケンクラフトのマーシャル。昨日、フラットAのホットタイガーに反応が良かったので同じようなものとして今日は持参したのでした。このルアー、人気が無く中古ショップなどで¥200程度で売られていたりするのですがメチャクチャいいルアーです。自分は見付けたらほぼ買っています。

出足はOK!こりゃ今日も爆釣か?!

しかし、昨日複数のシーバスが飛び出してきた護岸際はまるで魚が追尾してくる気配がない。それならばとこのドブ川で最も実績のある水門を攻めてみるもやはりノーヒット。昨日の爆発ポイントでルアーローテーションしながら投げ続けるもやはりヒットがない。

魚、抜けてる・・・

160812-2.jpg

もう少し水位が下がると多少状況が変わるんだろうかと思い釣り続けた結果、ディプシードゥでセイゴを2尾ヒットさせ、そのうちの1尾をキャッチ。

3ヒット2フィッシュ。ううむ・・・期待が大きかっただけに少々拍子抜け。それでも、半月前までは魚っ気すら無かったのですからそれに比べれば複数ヒットが得られるだけでもありがたいことなんですけどね。

あっ!思わず今日釣りに来てしまったけれど、よくよく考えてみたら相方の誕生日だった(焦)

gill-spiny2.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -